最新情報・一覧

■ 速報はTwitterでも流しています。
https://twitter.com/OfficeTripleTwo
■ Facebookページも公開していますが、サイトの仕様により、最新・過去記事を問わず、一部の記事が表示されない場合があります。
https://www.facebook.com/icthynavis
 
【NEW!】
●2016/6/30
昨年『SF宝石 2015』に掲載された短編作品(「アステロイド・ツリーの彼方へ」)が、東京創元社から発刊の『年刊日本SF傑作選』に転載されました。書籍のタイトルにもなっています。該当作は、9月に発売の個人短篇集(光文社刊)にも収録されます。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488734091
 
●2016/6/27
「小説推理」(双葉社)8月号が発売されました。『破滅の王』連載第5回。
"戦時下において科学者が選ぶべき道とは……。1938年、上海自然科学研究所を視察するために平房の関東軍防疫給水部本部から訪れた一団の様子を、宮本は回想する。"
http://www.futabasha.co.jp/magazine/suiri.html
 
●2016/5/27
「小説推理」(双葉社)7月号が発売されました。『破滅の王』連載第4回。
"菱科総領事代理から細菌戦研究の現状を知らされた宮本は、様々な対策のために、南京から来たと名乗る大使館附武官補佐官・灰塚少佐の下で働くことを要請される。"
 
●2016/4/27
「小説推理」(双葉社)6月号が発売されました。『破滅の王』連載第3回。
"共同租界の日本総領事館で、宮本は出所不明の科学論文を精読するように頼まれた。それは、特異な性質を備えた新発見の細菌に関する文書だった。"
 
●2016/4/3
「ミューズ叢書<2>トークイベント記録」の電子版が、Amazon(kindle)、楽天ブックス(kobo)でも発売されました。(※その後、紀伊國屋書店等での配信も始まっています)
 
●2016/3/30
「ミューズ叢書<2>トークイベント記録」が発売されました。価格は税抜きで、電子版:400円、紙版(新書サイズ・130ページ):910円。紙版を購入できるのはBCCKSだけです。電子版は、約3日~二週間遅れで、Amazon(kindle)、楽天ブックス(kobo)、iBooks、紀伊國屋書店ウェブストア、eBookJapanでも扱いが始まります。
http://bccks.jp/store/hisui
ミューズ叢書<2>は、2014~2015年にかけて行われた著者のトークイベントの記録です。「魚舟・獣舟」『華竜の宮』(早川書房)から始まるオーシャンクロニクル・シリーズ、および『薫香のカナピウム』(文藝春秋)に関して、執筆の動機や作品構成を開示した創作記録にもなっています。
記録内容を補完するため、過去に「SFマガジン」等に掲載されたインタビューやエッセイを転載、オフィス・トリプルツー 編集部による補記も追加しました。インタビューは初版単行本発刊と同時に掲載されたもの(初出「SFマガジン」2010年12月号)なので、発刊から6年が経過した現在では、未読の方も多いことと思います。お目を通して頂く機会があれば幸いに存じます。よろしくお願いいたします。
 
●2016/3/28
「小説推理」(双葉社)5月号発売されました。長編小説『破滅の王』連載第2回。
"激しい抗日運動が続く中、上海自然科学研究所の所員からも、ついに犠牲者が出た。そんなとき、宮本は共同租界にある日本総領事館から突然呼び出しを受ける。"
 
●2016/3/1
文庫版『深紅の碑文』のサイン本が、近日中に若干書店に並びます。上下巻ともにサイン入り。以下、入荷予定の書店名です。括弧内はセット数。
 [関東方面]:ジュンク堂書店池袋本店(5)/三省堂書店池袋本店(5)/文教堂書店赤羽店(5)/紀伊國屋書店新宿南店(7)/書泉ブックタワー(5)/あおい書店四谷三丁目店(5)
 [関西方面]:ジュンク堂書店大阪本店(5)/紀伊國屋書店梅田本店(5)/ジュンク堂書店姫路店(5)
店頭に並ぶ日は、各店舗によってばらつきがあり、未確定です。その点ご了承下さい。 なお、サインのない本をお持ちの方は、トークイベントなどでサイン会の時間が設けられた際、ご自宅より書籍をご持参頂ければ、著者がその場でサインをいたします。よろしくお願いいたします。
 
●2016/2/29
月刊文芸誌「小説推理」(双葉社)4月号(2/27発売)より、長編小説『破滅の王』の連載が始まりました。SFやミステリではありません。
《魔都・上海。"最終兵器" を巡る男たちの暗くて熱い戦い》
連載第1回。"1943年上海、フランス租界に置かれた日中共同研究機関・上海自然科学研究所に勤める宮本は、他科の研究者から和平工作への協力を密かに依頼された。第一次上海事変以降、日本人研究者が現地で抱えてきた苦悩を知る宮本は、陰鬱な時代の終わりを希求するのだが……。"
 
●2016/2/25
文庫版『SF JACK』(角川文庫)本日発売です。
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321510000085
 
●2016/2/24
文庫版『深紅の碑文』上・下(ハヤカワ文庫)本日発売です。
(上巻) http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013144/
(下巻) http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013145/
 
●2016/1/25
フランスのSF雑誌「Galaxies」の日本SF特集号(No.39)が発売されました。フランス語に翻訳された「魚舟・獣舟」が掲載されています。伊藤計劃氏の「The Indifference Engine」も掲載。詳細は下記のリンク先をご参照下さい。
http://www.galaxies-sf.com
 
●2016/1/20
本日より『妖怪探偵・百目』シリーズの対談本を販売します。価格は税抜きで電子版:400円、紙版(新書サイズ・130ページ):910円。紙版を購入できるのはBCCKSだけです。電子版は、約3日~二週間遅れで、Amazon(kindle)、楽天ブックス(kobo)、iBooks、紀伊國屋書店ウェブストア、eBookJapanでも扱いが始まります。
http://bccks.jp/store/hisui
 

 

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com